ダメージカウンターを消しゴムで作ったら簡単すぎた【多分これが一番早いと思います】

その他

この記事のポイント

・ダイス型のダメージカウンターを自作するなら、消しゴムで作るべし!!

 簡単、早い、安いの3拍子!!

アカイです。

ポケモンカード用のダメージカウンター作成についての記事です。

 

さいころ型のダメージカウンターを自作している前例は多々ありますが

材料の調達が難しそうなもの、手間がかかりそうなものばかり。

 

参考1)木のさいころを作ってから、数字を描く方法

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

参考2)白色の無地ダイスを買って、シールを貼る方法

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

消しゴムで作ると、すぐ簡単にかつ安くで作れましたので紹介していきます。

 

1.材料の準備

材料は消しゴム、カッター、マッキー、以上です!

ただ、消しゴム選びは重要です。

 

・消しゴムは厚み1cm以上あるものを選ぶこと!

どんな消しゴムでもいいというわけではありません。厚みが小さいと

  • ダイスに数字を描くのが難しくなる
  • 対戦で使う際にダイスをつまみにくい・置きにくい

という支障があります。

 

最低でも1cmの厚さがある消しゴムを選びましょう

 

・管理人おすすめの消しゴムは「のっぽまとまるくん」

 

のっぽまとまるくんをおすすめする理由は2つあります。

 

 ・おすすめ理由1:百均で販売するぐらい安い材料。

100均で販売してます。管理人はseriaで購入しました。

 

 

 

 

 

 

Amazonでもまとめ売りであれば100円を切るぐらいの値段になります。

 

 ・おすすめ理由2:切る回数が少なく、形がいびつになりにくい。

面部分が正方形であるため、奥行き部分の1回切るだけでダイスが1個分出来上がっていきます。

綺麗な立方体を目指すのであれば、面が正方形の消しゴムを選びましょう。

 

2.作成の流れ

基本は切って、数字書くだけです。

 

・カッターで消しゴムを切る

立方体になるように、カッターで切っていきます。

 

 

 

 

 

 

6個分出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

・数字を描く

マッキーで数字を描いていきます。

 

6面に書く数字はお好みです。

主に3パターン作れるかと思います。

  • パターン1:「10-20-30-40-50-100」の1種のみ
  • パターン2:「10-20-30-40-50-100」「10-20-30-40-50-200」の2種類
  • パターン3:「10-20-30-40-50-60」「70-80-90-100-200-300」の2種類

 

管理人は子供が使うため、計算しやすいようパターン3で作成しました。

 

 

 

 

 

 

 

3.使ってみた結果

使ってみた感想です。

 

・手作り感はあるものの、通常のダメカンより使いやすい!

立方体から少しゆがんだようなものがある、数字が手書きと手作り感は残ります。

しかしダメージの計算をしなくても視覚的にわかりやすくなったため、使いやすいです!

 

 

 

 

 

 

・収納も省スペース

おはじき型のダメージカウンターだと数が多くバラバラとなりやすいです。

 

今回のダイス型ダメージカウンターですと、平たい缶ケースに程よく収まります

 

4.まとめ

本記事のまとめです。

 

・やっぱり消しゴムダイスダメカンは、作りやすく使いやすい!

  • のっぽまとまるくんで安く簡単に作れる
  • 対戦時でもダメージ計算がしやすくなる

 

 (管理人)
 管理人はマッキーで数字描いたけど、数字部分がだんだん薄くなっていきそう。 シールに数字を書いて貼るほうがおすすめかも。 

 

タイトルとURLをコピーしました