会社員が赤字でも副業をした方がいい理由 ~お国から払いすぎた税金を取り戻す方法~

FIRE

この記事のポイント

・副業の事業取得を赤字にすることで課税所得が減る

・課税所得が減った分だけ還付金が戻ってくる

副業してみたいけど、利益化できるかホント心配。 

赤字になったとしても、赤字ならではのお得なメリットがあるよ!

 

最近副業を推進している風潮になっているように感じます。

しかしながら

・副業をするには赤字にはなりたくない。
・儲けを出して損を回避しないと。。。

と副業を行う上で赤字を避ける考えを持っている方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この記事では

・副業が赤字になったとしても問題ないことの解説
・あえて副業の利益を赤字にする方法

を解説していきます。

 

本記事は以下書籍「無税入門」を参考に、実際にアカイ自身も実施しましたのでご参考にしていただけたらと思います。

created by Rinker
¥660 (2022/09/26 06:10:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

1.赤字の副業をするメリット

 
副業を赤字にするメリットはあるのでしょうか? その答えは確定申告の「還付金」にあります。
 

・給与取得で払いすぎた税金が、還付金としてが戻ってくる

サラリーマンが会社で得る所得は「給与所得」、副業から得る所得は「事業所得」に分類できます。

「給与所得」は年末調整である程度の税金=還付金が戻ってきます。

さらに「事業所得」を赤字で確定申告すると、「給与所得」の税金をさらに還付金として戻してくれることが可能です。

具体的な方法は次項目で説明します。

 

2.赤字の副業をするコツ

赤字の副業と言いますが、もちろん「売上額>仕入額」を目指します。

とても矛盾した言っていることを言っているようですが、「売上額>仕入額」で赤字にする方法は「経費」にあります。

 

・経費を最大限に活用する

還付金は課税所得をどれだけ減らせるかによって金額が変わります。

まずは簡単な計算式を覚えましょう

 

  • 課税所得 = 税引後の所得 ー 控除 ー 経費

 

会社員(給与所得)の場合、経費を利用することができません。

しかし副業(事業所得)の場合は経費を利用できます。

 

計算式の通り、経費額が大きくなると課税所得が小さくなり、払いすぎた税金=還付金が戻ってくる流れとなります。

 

・経費は「生活費」を最大限織り交ぜる

経費額を大きくするからと言って、無駄遣いしていてはいけません。

 

もし副業の作業場所が自宅の場合、事務所を自宅とすることができます。

その際、家賃や水道光熱費、通信費などの生活費一部を経費として申請できます。

 

・白色申告にする

そもそも副業が赤字となった場合、3年後まで赤字を繰り越せる制度があります。

これは「青色申告」で行うことが可能です。

しかし今回は赤字にしたいため「白色申告」で確定申告を行う必要があります。

 

3.管理人アカイの事業所得公開

実例がわかりやすいよう、私の2020年事業所得の例を出します。

事業内容は「物品販売」となります。参考にしてください。

 

・売り上げは221万円

メルカリ等で販売し、月約20万円の売り上げでした。

・仕入れ値は215万円

楽天市場や家電量販店等で購入し、月約18万の仕入れでした。

・経費は94万円

経費使い過ぎでは?と思いますが内訳は以下の通りです。

  • 家賃:39万(生活用と事業用で1:1利用。年間家賃の50%)
  • 水道光熱費:18万(生活用と事業用で1:1利用。年間水道光熱費の50%)
  • 通信費:15万(ほとんど事業用。年間通信費の80%)
  • 旅費交通費:9万(仕入先や宅配場への車移動費。生活用と事業用で1:1利用。年間ガソリン利用料の50%)
  • 消耗品費:5万(パソコンやサーバー代金等)
  • 荷造運賃:5万(梱包材料や商品の発送費等)
  • 研修採用費:3万(仕入れに関する書籍学習)

 

・結果は88万円の赤字

売上 ー 仕入 - 経費 = 221万 ー 215万 ー 94万 = マイナス88万

と88万円の赤字となります。

会社での給与課税所得が約270万でしたので、この赤字と相殺して180万まで減らすことができました。

いくらの還付金が戻ってくるのかは、確定申告後の結果でお伝えできたらと思います。

 

まとめ:副業の赤字化は生活内の経費と織り交ぜることが大事

もし副業が赤字であれば、今回説明した通り税金を少なくする算段を行いましょう。

もし黒字であればおめでとうございます。そのまま黒字を継続し、企業・脱サラを目指しましょう。

 経費も適度な額にしましょう。目いっぱい経費をして申告しちゃうと、国税庁からお咎めが来ちゃうかも。


コメント

タイトルとURLをコピーしました